小千谷ちぢみが仕立て上がってきたらびっくり仰天

着物

フリマサイトで購入した初めての小千谷ちぢみ。

普通の小千谷ちぢみは先染めの柄ですが、こちらは珍しくプリントされているもの。

海中の様子が涼しげで仕立て上がりを楽しみにしていました。

今回は、楽天のショップの中から水通しと仕立てをしてくれるところを選びました。

仕立て上がりをみてみると、色が薄くなったなとは思っていましたが、これ実は表裏が逆で仕上がってきました。

こんなことがあるのかとびっくり仰天です。

濃いほうが裏になってます。しばらく放心状態。

ショップに連絡して、表裏逆になっていると伝えたら着払いでかまわないので、送り返してくださいとのこと。

送り返したのを見たショップ側から、証紙も表に貼られているのでこれで大丈夫との連絡があり、仕立て替えは色が濃くなって涼しげな感じが出なくなるのでおすすめしないとまで言われてしまいました。

それでも納得できず、この海水の中の感じが良くて買ったのに、裏で着ることはできない、表裏が違っていると反論しました。

フリマショップの画像が残っていたので、画像を送るとやっとこちらの間違いですと認めてくれました。

水通しの悉皆屋さんで裏表が逆になって仕立て屋にまわしてしまったんだそうです。

仕立て屋さんも気づかないものなのでしょうか。疑問です。

そこからは手のひらを返したように、平謝りでした。

こんなことってあるんですね。

これからは反物の画像を事前に写真をとっておかないとと勉強になりました。

その後ちゃんと表裏逆で仕上げて送ってくださいました。

無事今年着ることができそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました