【動画あり】ハート型・苺マーブルパンの作り方/How to make Strawberry Marble Bread.

パン講師のREIがお届けするパン講座の動画です。

今回はハート型の成形がかわいらしい、苺マーブルパンです。

いちごのチョコシートをレンジで簡単に作り、折込してマーブル模様にしていきます。

チャンネル登録がまだの方は、是非この機会にチャンネル登録して応援いただけたら嬉しいです。

応援よろしくお願いします。

▼ チャンネル登録はこちら。/Please subscribe to my channel.▼

REIこっぺぱん REI's bread lessons
とにかくパンが大好きなパン講師REIが家庭で作りやすいレシピでレッスンしていきます。 どうやってこねるの?こねあがりはどれくらい?こねやすい生地のレシピは? そんなパン作りの疑問や質問にこたえます。分からないことがあれば、気軽にコメントください。

動画

レシピ

6個分

・いちごチョコシート  600w1分、600w40秒

練乳  40g

牛乳  50g

薄力粉 12g

フリーズドライいちごパウダー 10g

ホワイトチョコレート     20g 

・生地

強力粉     180g(イーグル使用)

グラニュー糖  9g(上白糖でもOKです。)

塩         3g

イースト      2g

(イースト臭さが苦手なためセミドライイーストで作っていますが、インスタントドライイーストでも同じように作れます。)

卵       18g

仕込み水   95〜105g(動画は105gで作っています。初めての方は少なめからスタートしましょう)

無塩バター   23g

・仕上げ

ホワイトチョコレート 15g

フリーズドライラズベリー 少々

『よりおいしく作りたい方向け』

捏ね上げ温度は26度〜28度推奨

水の温度を決めるときには次の式を使います。

                     ↓この数字は自分の数字を当てはめてください。

水温(仕込み水の温度) = 3(捏ね上げ温度-5) - (粉温+室温)で計算できます。

例)捏ね上げ温度27度にしようとする時、粉温度24度、室温25度の場合。

水温=3(27−5)−(24+25) で水温は17度となります。

【こね上げ温度が高い場合】

ベタベタしてまとまってこない場合には温度が高いことがありますので、温度を測り高いようならバター入れる前に生地を冷凍庫で1〜2分冷やしても良いです。

最終的な捏ね上げ温度が高い場合には、1次発酵の温度を5度低くして発酵開始してみてください。春や秋の時期だと25度くらいの室温で発酵開始するとよいです。

【こね上げ温度が低い場合】

1次発酵の温度を5度高くして時間も長めに。

大きさが大きくなるまで待ちましょう。

温度を測ることで、よりよい対応を取ることができます。

Ingredients

・Strawberry Chocolate Sheet

40g condensed milk

50g milk

12g cake flour

10g  freeze-dried strawberry powder

20g white chocolate

・Dough

180g bread flour

9g  granulated sugar

3g     salt

2g    semidry yeast

18g  egg

95〜105g   water(In the video, 105g was used.)

23g     unsalted butter       

・Topping

15g white chocolate

Some freeze-dried raspberry

一次発酵 30℃ 50分〜 大きさが1.5倍から2倍

/First fermentation 30℃ 50minutes〜

(今回は捏ね上げ温度低かったため35℃で長めに発酵しました。時間より大きさ優先してください)

(In this case, the kneading temperature was low, so I fermented at 35℃ for a longer time. Please prioritize size over time.)

二次発酵 35℃ 30分〜 ひと回り大きくなるまで

/Second fermentation 35℃ 30minutes〜

190℃で13分焼成。

/Bake at 190℃ for 13 minutes.

レシピの二次利用、転用はお断りしております。

/Unauthorized reproduction 

美味しく作るポイント

いちごチョコシートは簡単にレンジで作れます。

ダマにならないように、薄力粉は振るって加えましょう。

フリーズドライいちごパウダーを加えると簡単にイチゴ風味を楽しめます。

ホワイトチョコの甘さと、香りも苺によく合います。

生地は発酵後、いちごチョコシートを折り込みます。

めん棒で均一に伸ばすことが重要です。

シートがはみ出ないように、すぐにコロコロと転がさず、押さえつけるように伸ばしてから転がすようにしましょう。

内側になる部分の打ち粉は払っておいたほうがよいです。

粉っぽくなるのを防げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました