【動画あり】基本だけど奥の深い。バターロールの作り方/How to make Butter roll.

元パン講師のREIがお届けするパン講座の動画です。

今日のパンは基本の基本だけど奥の深いバターロールです。

スキムミルクを使うことで風味よくソフトに仕上げます。

▼ 美味しそうだなと思ったらチャンネル登録をお願いします。/Please subscribe to my channel.▼

REIこっぺぱん
とにかくパンが大好きなREIが家庭で作りやすいレシピを紹介していきます。 どうやってこねるの?こねあがりはどれくらい?こねやすい生地のレシピは? そんな質問に答える動画です。

動画はこちら

レシピ

強力粉     200g         ・Bread flour

(日清のパン専用小麦粉使用)        

きび砂糖    15g          ・Sugar

塩       小さじ1/2(約3.6g)  ・Salt 1/2tsp

スキムミルク  6g           ・Skim milk 

卵       30g          ・Egg

イースト    小さじ3/4(約2.7g)  ・Yeast 3/4tsp

(私はイースト臭が少ないためセミドライイーストを使用していますが、

インスタントドライイーストでも同量で同じように作れます)

ぬるま湯    105〜110g       ・Water(lukewarm) 

バター     20g          ・Butter

一次発酵 30℃ 50〜80分 大きさが1.5倍から2倍になるまで

/First fermentation 30℃ 50〜80minutes


二次発酵 35℃ 25〜40分 一回り大きくなるまで

/Second fermentation 35℃ 25〜40minutes


190℃で15分焼成。

/Bake at 190℃ for 15 minutes.

レシピの二次利用、転用はお断りしております。

/Unauthorized reproduction prohibited.

美味しく作るポイント

生地は捏ねすぎると成形時に伸ばしにくくなりますので、じんわりとした弾力が戻ってくるくらいを目安にしてください。

ベンチタイムはしっかり15分とります。

ベンチタイム中も発酵しているため生地が伸ばしやすくなります。

無理に伸ばすと生地を痛めますし、麺棒を当てすぎると目の詰まった仕上がりになりますのでご注意ください。

スキムミルクを配合することで生地に影響することなく、ソフトにミルクの風味をつけることができます。

牛乳だけでこねる生地は生地が締まった感じになります。

焼き色がきれいに付く効果もありますので、スキムミルクを使ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました