【動画あり】桜あんでマーブル模様に。さくらあん食パンの作り方/How to make Sakura bread.

元パン講師のREIがお届けするパン講座・オンラインレッスン風の動画です。

今回は桜あんを折り込んで、中がマーブル模様になる食パンです。

表面はねじって矢羽根模様にしていきます。

▼ 美味しそうだなと思ったらチャンネル登録をお願いします。/Please subscribe to my channel.▼

REIこっぺぱん
とにかくパンが大好きなREIが家庭で作りやすいレシピを紹介していきます。 どうやってこねるの?こねあがりはどれくらい?こねやすい生地のレシピは? そんな質問に答える動画です。

動画

【さくらんあんでマーブル模様に】さくらあん食パンの作り方/How to make Sakura bread.

レシピ

強力粉     250g          ・Bread flour  

イースト    小さじ1(約3.6g)     ・Yeast 1tsp

(私はイースト臭が少ないためセミドライイーストを使用していますが、インスタントドライイーストでも同量で同じように作れます)

砂糖      大さじ1と1/2(約18g) ・Sugar 1.5tbsp

卵       25g           ・Egg

塩       小さじ2/3 (約5g)     ・Salt 2/3tsp

仕込み水(ゆるま湯の温度に)135g        ・Water(lukewarm)

・さくらあん

白こしあん     130g

紅麹パウダー    小さじ1(ほんのりピンクにしたい方は減らしてください。)

桜茶(桜の塩漬け) 10g

バター       10g

一次発酵   35℃ 60分〜70分

二次発酵   40℃ 45分+予熱まで室温5分 型の8割〜9割くらいに上がってくるまで

190℃10分後160℃10分から12分ほど

レシピの二次利用、転用はお断りしております。

/Unauthorized reproduction prohibited.

美味しく作るポイント

捏ね上がりは、捏ねすぎないことを意識しましょう。

成形時に大きく伸ばしますので、捏ねすぎると成形がしにくくなります。

弾力はじんわりで大丈夫なので、膜はちゃんと貼っている状態を目指してください。

桜あんの作り方のポイントはバターや白あんを室温に戻しておくことです。

混ぜるときに今の季節は寒くて馴染みが悪いので、つぶつぶ感が残るようなら600W10秒電子レンジでチンして、なじませましょう。

混ぜてみて、それでもバターの粒が残るようなら再度10秒チンします。

バターをなじませることでしっとりし、あんがポロポロになるのを軽減することができます。

レンジでチンをしたら桜あんが緩まっていると思うので、一次発酵中は冷蔵庫に入れ桜あんを締めます。

桜あんはベンチタイム中に出しておくようにしましょう。

折り込みの作業では3つ折り×2回し、成形の大きさは20×30cmくらいに伸ばしますが、折込をすると生地がのびなくなります。

伸びないと感じた場合は無理して伸ばさずに、ラップをかけて少し休憩の時間を取るとまた伸びるようになります。

生地に無理をさせないようにしてください。

二次発酵は型の8〜9割くらいになるまで発酵させてから焼きましょう。発酵は時間より大きさで見極めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました