【動画あり】きめつパンを作ってみた。鬼滅の刃・炭治郎の市松柄ちぎりあんパンの作り方。

炭治郎の羽織模様の市松柄をブラックココアパウダーと抹茶を使って表現してみました。 中にはこしあんと粒あんを入れて、しっとりとした生地に仕上がりました。

ためになったよとか美味しそうとか思ってもらえたらチャンネル登録をお願いします。

↓チャンネル登録ボタン

REIこっぺぱん
とにかくパンが大好きなREIが家庭で作りやすいレシピを紹介していきます。 どうやってこねるの?こねあがりはどれくらい?こねやすい生地のレシピは? そんな質問に答える動画です。

レシピ

強力粉  250g
イースト 小さじ1
砂糖   大さじ1・1/2
塩    小さじ2/3
仕込み水(ゆるま湯)165g(CC)
バター  20g
あんこ今回は粒あんとこしあん 各160g(合計320g)

美味しく作るPOINT

8割こねたところで水で溶いたブラックココアパウダーと抹茶で色付けをすること。

捏ねすぎにならないように、膜がやっと張るくらいを目安にする。

生地を半分にする時や分割のときは計りでちゃんと計量しましょう。

ちぎりパンは大きさの違いがあると目立ちやすいのでそれぞれのグラムを5g以内にするように心がけてください。

焼くときに温度は160度で予熱し、生地を入れたら140度に温度を落として焼いてみてください。

そのまま焼いてしまうと色が付きすぎてしまいます。市松模様が目立たなくなるので、ご注意を。

色が付き始めたら途中でアルミホイルをかけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました